飛行機機内への液体の持込みのルール

飛行機では、液体物の持ち込みが制限されます。どのようなものを、どのくらいまでなら持ち込むことができるのでしょうか。飛行機の液体物持込制限の内容は、とても複雑です。このページでかんたんにご説明致します。 ご不明な点がございましたら、お気軽にリバティウイングカスタマーサービスまでご連絡をお願い致します。

液体物持ち込み制限について

国内線については、液体物の持ち込み制限はそれほど厳しくありません。ペットボトル飲料はとくに制限なく持ち込めます。

化粧品や医薬品類も、以下の範囲で持ち込み可能です。

  • 1容器0.5kgまたは0.5リットル以下で、
  • 1人2kgまたは2リットルまで

普通の化粧品や歯みがき類なら、とくに気にしなくて問題ありません。保安検査場ではX線検査機を通します。

飲みかけのペットボトル飲料については、保安検査場で検査器にかけられます。それで異常がなければ持ち込めます。この検査器では、危険物でないかどうかを確認しています。

アルコール飲料も基本的には持ち込み制限はありません。ただし、25%以上の度数のアルコールに関しては制限を設けている航空会社もあります。また、70%以上の度数のアルコールは持ち込み禁止となります。

Q1.飲み物や化粧水・香水など液体物の持ち込みはできますか。(JAL日本航空の場合)

A1.国内線では、お茶などの飲料は機内にお持ち込みいただけます。

その他の液体物では、

■アルコール飲料

機内持ち込み・お預けともに可

※アルコール度数が24%を超え、70%以下のものは、お一人様5リットルま

■化粧品・香水・医薬品(非放射性のもの)

機内持ち込み・お預けともに可

※1容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下で、お一人さまあたり2kgまたは2リットルまで

国内線の機内持ち込み 液体飲料の制限について

基本的に日本の国内線では「国際線のような液体の持ち込み制限」はありません。
お茶やアルコール等の飲み物関係は問題なく機内に持ち込めますし、飛行機内で飲む事も可能です。
これはJALやANA、スカイマーク等どの航空会社でも同じ扱いとなります。
危険物でない限りある程度の液体は、飛行機機内に持ち込めますので安心です。
ただし、上記でもご説明させて頂きました通りペットボトル等は手荷物検査場で一度チェックを受ける事になりますので、検査場を通る時はバックの中から出しておいた方がスムーズです。
念の為に以下に「飲み物」についてをまとめて掲載しましたのでご覧ください。

【国内線で持ち込みOKな飲み物】


・お酒(瓶ビール、缶ビール、一升瓶、焼酎、日本酒、ウィスキー、ワイン)
・ジュース(パックジュース、コーヒー、スタバ等の紙コップ、タンブラー)
・お茶
・栄養ドリンク
・ミルク(赤ちゃん用の哺乳瓶や水筒、魔法瓶、ベビーミルク、お湯もOK)

【国内線で持ち込みNGな飲み物】
・5リットル以上の物
・アルコール度数が24%以上の物(預け入れは可能)
・アルコール度数が70%以上の物(預け入れも不可)
・危険物

国内線で持ち込みOKな化粧品

女性の必須アイテム「化粧品」。
ポーチに入れて持ち込む場合などですが
化粧品の場合、業務用みたいな「巨大な化粧水」等は持ち込み制限がかかる物もありますが、普通にドラッグストアで購入できる化粧品関係は持込可能です。
あと、カミソリや眉毛用ハサミ等は刃が4cm以内なら持ち込みOKです

【国内線で持ち込みOKな化粧品】
化粧水、乳液、アイプチ、リキッドファンデーション、チーク、口紅、ローション、グロス、クレンジング、マスカラ、ビューラー、マニキュア、ハンドクリーム、リップ、日焼け止め、香水

国内線で持ち込みOKな日用品

旅行の際は、日用品は必需品の対応について。
日用品の場合、以下のような物は持ち込みOKです。
が、いくつか持ち込み制限がかかる物もありますのでご確認下さい。

【国内線で持ち込みOKな日用品】
・ヘア用品(ヘアピン、ヘアムース、ワックス、ヘアオイル、ジェル)
・日用品(毛抜き、爪切り、コンタクトレンズ、コンタクト液、シャンプー、リンス、  シェーピングクリーム、歯ブラシ、歯磨き粉、ソーイングセット、裁縫用針)
・薬(目薬、飲み薬、塗り薬)
・精密機械(スマホ、携帯、パソコン、デジタルカメラ、ゲーム機、懐中電灯、電気   シェーバー。ただし電波を発する物は「機内モード、オフラインモード」で使用して  ください。電波を発しない物なら飛行中でも使ってOKです。)
・杖、松葉杖、長傘、日傘、ラケット(先端が尖っていない物なら持ち込みOKです)
・その他(体温計、ホッカイロ)

国内線の機内持込み食べ物について

国内線なら食べ物も基本的に持ち込みNGな物はないです。もちろん機内で食べてもOKです。
持ち込める手荷物のサイズ・個数内に収まるなら、問題なく機内に持ち込めます。(持ち込める手荷物のサイズや個数は航空会社によって異なりますので注意下さい)
また、 お弁当等の常識的な大きさの食べ物なら、どの航空会社でもOKです。
下記に「食料品関係」をご参考にお願い致します。

【国内線で持ち込みOKな食べ物】
・お弁当、ご飯(おにぎり、サンドイッチ、パン)
・お菓子(飴、チョコレート、ケーキ、ゼリー、プリン)
・野菜、果物、フルーツ(りんご、みかん)
・漬物
・お土産
・生もの(ただし、ドライアイスや保冷剤は2.5kgまで)
・ベビーフード、離乳食(ベビー用フォーク、スプーンもOK)
・サプリメント、レトルト食品
・調味料(味噌、醤油、食用油、ドレッシング)

下記のフレームよりオンライン比較検索・予約も出来ます!【公式ホームページ】